胸が大きくなるサプリに入っているブラックコホシュはどんな成分なの?

MENU

ブラックコホシュはハーブ系の成分

胸が大きくなるサプリの中には、ブラックコホシュという成分を配合してあるものもありますね。あまり耳慣れない言葉なので、「ブラックコホシュって何!?」「何か怪しげな成分では?」なんて不安を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。では、ブラックコホシュというのは一体、どんな成分なのでしょうか?

 

ブラックコホシュとは?

ブラックコホシュというのはハーブの1種であり、主に北アメリカが原産となっています。サラショウナ属キンポウゲ科の植物で、白く美しい花を咲かせるのが大きな特徴ですが、ハーブとして用いられるのは黒い色をした根茎の部分です。

 

非常に強い香りのあるハーブで、虫除けにも使用されてきたハーブです。乾燥させた根茎を利用し、ハーブティーを作って飲む、といった方法で現地で愛飲されていますが、苦みもあるため、決して飲みやすいものではないと言われています。

ブラックコホシュの効果

ブラックコホシュは、プエラリア・ミリフィカ同様、エストロゲンの作用をサポートする働きがあると言われています。

 

  • イソフラボン
  • タンニン
  • トリテルペン配糖体

 

これらの成分が含まれており、特にイソフラボンが女性にとって嬉しい成分として知られています。女性ホルモン様のフィトエストロゲンを含有しており、これがバストアップに効果的ということで、サプリにも用いられるようになっているのです。

 

また、ブラックコホシュには他にも、様々な効果が期待できます。

  • 更年期障害の緩和
  • PMSの緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • リウマチ炎症の対策
  • 呼吸器系のトラブル

 

ドイツでは医薬品としても用いられている、注目のハーブです。ハーブティーとしては摂取しにくいものの、カプセルに凝縮されたサプリメントなら、味や臭いも気にせず気軽に摂取できるのが嬉しいですね。

ブラックコホシュの危険性

バストアップだけでなく、様々な嬉しい効果を発揮してくれるブラックコホシュですが、リスクはないのかどうか、というのも気になるところですね。

 

基本的にはブラックコホシュは、プエラリア・ミリフィカなどの成分と比較すると、副作用のリスクが低い成分として知られています。適切な量や飲み方を守って摂取していく分には、特に危険な症状が現れることはないでしょう。

 

ただし、過剰摂取などをした場合には、胃腸の調子が悪くなったり、倦怠感や頭痛、発疹、体重の増加といった軽度の副作用が起こるリスクもあると言われています。また、肝機能障害との関連性も研究されており、関連性がある可能性が指摘されていますので、摂取していて黄疸やひどい疲労が起こる場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

胸が大きくなるサプリのトップページへ

関連ページ

プエラリア・ミリフィカがメイン!
胸が大きくなるサプリと言えば、定番中の定番で、多くのサプリがメインとして配合してあるのがプエラリア・ミリフィカです。名前は耳にする機会が多いけれど、具体的にはどんな成分なのか、よく知らないという方も多いですよね。
ワイルドヤムは副作用の少ない成分
バストアップに効果的な成分の中で、プエラリア・ミリフィカに並んで知名度が高く、人気があるのがワイルドヤムですね。このワイルドヤムですが、一体何が由来でできている成分なのか、どんな効果が期待できるのか、気になってしまいますよね。
チェストベリーは欧米で親しまれてきたハーブ
可愛らしい、おいしそうなネーミングのチェストベリー。こちらも女性に嬉しい作用がある成分として、注目を集めていますね。ネーミングからして、自然な植物由来の成分であることはイメージしやすいですが、具体的にはどういったものなのでしょうか?
アグアヘは南米原産のフルーツ
不思議な名称、という印象の強いアグアヘ。一体どんな物から抽出されている成分なのか、とっても気になりますよね。日本ではほとんど親しまれていないアグアヘの正体はどのようなもので、どんな効果をもたらしてくれるのか、チェックしてみましょう。